4速アソビ

4speed.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 21日

寒々とした朝

d0370232_18153166.jpg


にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ

[PR]

# by 4-speed | 2017-11-21 18:16 | Picture
2017年 11月 20日

田部井政伸「てっぺん」

d0370232_17383342.jpg
📚田部井政伸「てっぺん」

我が妻・田部井淳子の生き方 読了

_______________________________________

10/20はタベイさんが亡くなられた日だ

優しくて山のように心が広くて穏やかな人

田部井政伸さんからみた、淳子さんも知りたくて、

この本を手にとった

幾多のエピソードもそうだが、登山にでかけている

淳子さんとの手紙やはがきのやりとりは僕らにも

大いに励みになる内容だ
 
そして60才を過ぎてなおお元気に活躍されていた

タベイさんのことをたくさん知ることができて楽しかった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
[PR]

# by 4-speed | 2017-11-20 17:40 | Book
2017年 11月 19日

角田光代訳 「源氏物語・上」 2

d0370232_11175031.jpg
読書は進んでいたものの、ブログアップしてなかった

またまとめてアップしていこうと思う







d0370232_11175194.jpg
📚 角田光代訳 「源氏物語・上」

_______________________________________


源氏物語という日本が誇る名作の世界に心をおいた

日々に一区切りついた



編集者の池澤夏樹氏に言わせれば、日本人が恋愛を

文学の主題に据える理由は「古事記」にみる伊邪那岐と

伊邪那美の恋愛行為にあると言う
 
本書はよく考えられて訳されていると思う

明らかに先人達とは違う切り口で翻訳にのぞんだと

うかがえる

最初に読む源氏物語の訳書として手にする作品として

素晴らしい出来映えだ



本書を読んでいて良かった点は物語の本筋から外れるが、

香る栞が同封されていたことだ

読書中にこの良い香りが終始僕を心地よくさせてくれた
 
この訳書の1番の欠点を挙げるとすれば

それは、面白みにやや欠けるということだ

田辺さんの訳はちょっと自由になりすぎてるきらいが

あるが、あの訳は面白さの点では抜きんでいると思った

言葉の美しさで言えば谷崎源氏

情感を味わうなら円地源氏

本書の場合、分かりやすくはあるが、面白くてこの先

どうなるんだろうというワクワク感が今ひとつ助長されない

さらに言えば、全体を通して分かりやすさを心がけて

書かれた作品にも関わらず、逆に分かりづらい部分も

まま見受けられた

たとえば、秋好中宮については斎宮女御と書いたり

梅壺女御と書いたり、同じ帖で呼び名が変わる

それは過去の訳書でも同じだったが、分かりやすさを

第一とするなら思い切って「梅壺女御(斎宮女御)」で

統一した方が源氏物語初読みの読者には分かりやすかった

と思う同じ帖(絵合)で違う呼び名が併記

されてしまうと混乱しがちだ

頭中将の表記も昇進に従って変えて良かったと思う

頭中将で通そうとすると余計に分からなくなってゆく

あくまでも権中納言(頭中将)で通すべきで、たまに単に

「頭中将」と簡略にしてしまうと、長い物語の中で

統一的ではなくかえって混乱を招く
 
 

源氏物語を人々が難しく考えてしまう理由として僕はこう思う

登場人物の多さと呼び名が変わること
 
たとえば登場人物の年齢を帖の初めの人物相関図にいれる

そして登場人物ごとの呼び名の変遷をまとめた早見表

みたいなものがいれる

これは最低あった方がいいと思う

先ほどの「頭中将」にしても僕が覚えているだけでも2人は

確実に存在する

もちろん時代背景で”どの”頭中将かはすぐに分かるとは

思うが、より分かりやすくと考えると早見表は便利だ
 
 

本書は源氏物語を3つにわけて出版されるうちの

最初にあたる「上」

おそらく「中」は玉鬘十帖から幻まで、「下」が宇治十帖

だろうと推測する

そう考えると「中」は3800円「下」は2000円くらいに

なるかもしれない
 

 
源氏物語は恋愛小説だ

笑いあり涙あり

僕が思う悲しい場面は特にあげるとすれば2つ

1つは明石女御から姫が引き離され明石女御が

悲しみくれる場面

もう1つは大君との別れ

この2つの場面はどちらも読んでいてとても辛くなる

楽しい場面もいくつかある

本書「上」の中にたびたび登場する

源典侍が登場した場面‥ではない

1つは光の君が朧月夜と逢っていたところを右大臣に

見つかるが、その時ゴロンと横になって顔を背けている場面

もう1つは惟光が夕霧からの手紙を見つけたときの態度が

豹変する場面

実に面白い
 

 
笑いあり涙ありのこの物語がこの先どうなってゆくのか、

楽しみにしながら「中」と「下」の出版を待つのも面白い


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
[PR]

# by 4-speed | 2017-11-19 11:24 | Book
2017年 11月 15日

昨年から居着いた鴨

d0370232_14360194.jpg




d0370232_14360196.jpg




d0370232_14360087.jpg




d0370232_14355960.jpg

にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ

[PR]

# by 4-speed | 2017-11-15 14:36 | Picture
2017年 11月 14日

バグス・アンド・トレーン

d0370232_17171110.jpg
体調不良で外へ出かけられず

そんな時はコルトレーンのこのアルバム

元気でます




January 15 1959

New York


にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ

[PR]

# by 4-speed | 2017-11-14 17:16 | Picture